« 2020年2月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月30日 (金)

久しぶりに動画をアップしました。




もともと更新の頻度が低いブログだったのですが、前回の記事が
2月ですから8か月も空いてしまいました。
振り返ってみれば、この間に新型コロナウイルスの感染拡大によって
以前だと信じられないようなことが沢山起こりましたから
このブログを読んでくださっている皆さんも、さまざまな形で何らかの
影響を受けて大変な思いをされていることと思います。
私たちも昨年から計画していたことが大幅に変更を余儀なくされました。
現在は農作業を増やしつつ、可能な形でカフェをオープンしながら、民謡の新しい編曲に
取り組んだり、とにかく出来ることを考えて前向きにやっています。

昨年までは芋焼酎用のサツマイモを軸に畑をやっていましたが、農家カフェを開いてからは
お店で使う様々な野菜を作る方向に転換してきました。ケールやトレビスをはじめ
サラダ用のちょっと珍しい野菜も作ってサラダバーの準備をしてまして、サラダバー台も
イメージに合わせて作り始めていたのですが、コロナの影響でビュッフェスタイルでのお料理の
提供は難しくなり、苦心の作であるサラダバー台が無駄になりかけました。カバーを付ければ
大丈夫じゃないか?とか思いつつ、アクリルを使って雰囲気を壊さないようにカバーを作ったりしましたが
そのあたりで休業要請がきまして、流石に諦めました。
サラダバー台ではない、何か別の台だと思うことにしましたが、用途も思いつかないまま
お店の中央に鎮座したままだったのですが、妻がこれまた出番の激減したケーキスタンドを
飾って、ちょっと不思議なディスプレイとして活用されています。
お客さんが「可愛いですね」と褒めてくださっても、「実はそれサラダバー台なんです」と
釈然としない気持ちがあったのですが、最近は素直に嬉しく思えるようになりました。
Dsc_0265

台はまだ良いとしても、普通には出荷しにくいケールやトレビスについては、ちょっと
困りました。頑張って収穫して食べましたが、やっぱりお客さんに食べて頂きたかったです。。
サラダバーで(しつこい)

カフェの営業が不安定になってきたあたりで、普通に出荷しやすい一般的な野菜を
中心に量を増やして栽培して、夏はキュウリ、ナスビをかなり出しまして
冬野菜もハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、ダイコン、カブ、ニンジン、タマネギなどの
一般的な野菜を植え付けました。
苗を育てているころに、例の100年に一度と言われた台風10号が接近して
大変でしたが、休業中のお店のフロア一面に苗を避難させてなんとか乗り越えて
ちょうど今日から収穫が始まりました。休業中のお店が役に立ちました。。
厳しい状況ではありますが、やはり希望を持って、ちょっとだけケールなども植えましたが
やっぱり厳しい感じですかね。。サラダバーは。。
Dsc_0251

毎年秋にルーツミュージックフェスティバルという音楽と農村体験のイベントを
開催していまして、昨年も11月に打田十紀夫さんをお招きして盛大に開催することが出来ました。
現状ではとんでもない超「密」な状況で、本当に楽しく盛り上がりましたが
今年は断念せざるを得ませんでした。
県内は勿論、他県からも沢山の方々がお出でくださいますので、私たちもお料理に使う野菜などを
計画的に作付けして長い期間に渡って準備をするのですが、それも楽しみの一つで農作業の張り合いです。
野菜は手をかければ、きちんと育ってくれますので、今年の野菜も順調に収穫できるまでになりましたが
ちょっと寂しい思いもあります。
それでも、夕方の空が綺麗な頃に畑を眺めていると元気に育っている野菜からエネルギーを貰う感じがします。
また次に開催できる日まで、野菜作りもギターも少しでも腕を上げて準備をしようと思います。
Dsc_0245

もちろん、ライブで演奏を聴いて頂きたいのですが、この状況ですから、久しぶりに動画を撮ってみましたので
聴いて頂ければ嬉しいです。
お店で、みなさんがいらっしゃるつもりで弾いてみました。
https://www.youtube.com/user/officeartpoint

だんだん冬が近づいてきました。くれぐれもお体には気を付けてお過ごしください!



« 2020年2月 | トップページ | 2020年11月 »