« デヴィッド・レイブマン来日ツアー | トップページ | 2月の演奏活動後記 »

2011年2月14日 (月)

Up Sligo発売記念ツアー報告

ニューアルバムの発売を期して宮崎、大分、熊本、長崎と回った九州ツアーより戻ってきました!

まず大阪より宮崎へ車で向かったのですが、皆さんもニュース等でご存知かと思いますが、
新燃岳の噴火の影響で高速道路が一部通れず、一般道をひた走ることになり
随分と時間がかかってしまいました。
宮崎には母の実家がありますので、今回のツアーも宮崎を拠点にしたのですが、実際の眼で見る
降灰のひどさ、住民の皆さんのご苦労には胸が痛む思いでした。


延岡・Bar PORT ライブ~

Portd_5
ツアーの一箇所目は宮崎県の延岡市にあるお店、
Bar PORTさんでした。
Bar PORTさんでは3回目のライブで、
いつも楽しく演奏させていただいているのですが、
今回も早い時期からチケットが完売になるという盛況の中、
テンションの高いライブとなりました。
ご来場の皆様、マスター泉美さん、スタッフの皆さん
ありがとうございました!

隠れ家的なお洒落なお店です。




お店の中もとてもお洒落で、雰囲気の良いライブになりました。

Port_5


終演後も大勢のお客さんが打ち上げに残ってくださって
美味しい料理で盛り上がりました!

Port3_3 


Portm_4
PORTのイケメンマスター泉美さんと!













大分・f Sound Cafe ライブ~
2箇所目は大分のf Sound Cafeさんで演奏させて頂きました。
f Sound Cafeさんは昨年の9月に打田十紀夫さんのツアーのゲストとして出演させて頂いたご縁で、
今回のライブをお願いしました。
オープニングとして、地元で活躍している若きギターリスト(中学生!)そら君が若々しい演奏を披露してくれました。
私自身まだまだ若手だと思っていましたが、自分の子供と言ってもおかしくない年齢の子が
頑張っているのをみると、自分もそれなりの年齢になったんだなあ、、、としみじみ思いました。
打田さんのライブのときに来て頂いた方にもご来場頂いて、楽しく演奏させていただき、打ち上げまで盛り上がりました。
ご来場の皆様、オーナーの福本さん、ありがとうございました!

Udon_3











開演まえに、今回のライブの企画を含め、色々とお世話になった恩塚さんが
大分名物、 「鳴門うどん」に連れて行ってくれました。
うどん3玉まで同じ値段、というシステムなのですが、セットメニューのどんぶりにも惹かれましたので、
うどん2玉+ステーキ丼という組合せを選びました。
写真でも分かるようにとんでもない量なのですが、その美味しさのお陰でいっきに完食しました!
量、味、値段のバランスが信じられないレベルでした。
あんなお店が地元にあるのが羨ましい・・・

Fsound_4
鳴門うどんでしっかりエネルギーを蓄えて
気合をいれて演奏しました。
弾いているのはクレセントムーン。











高鍋・エイサー ゲスト出演~
大分でのライブの後、一度宮崎に戻り、ちょっとかわった演奏をしました。
母の実家は高鍋町というところにあるのですが、高鍋を中心に活動する
創作エイサー(沖縄の伝統芸能)のグループ「しんかんちゃー」の記念イベントにゲスト出演しました。
エイサーは音楽に合わせて演舞しながら太鼓を打つのですが、今回私も衣装まで
貸していただいて(勿論ギターで)参加しました。
太鼓との合奏以外に、三線(さんしん)とのデュオ、そしてソロで演奏しました。
呑み放題、食い放題のイベントだったので、演奏後も大盛り上がりで、2次会以降の記憶がかなり怪しいです。。。
翌日がオフなのを良いことに呑みすぎました。。


Eisa1_4
エイサーと和太鼓のコラボレーション。
物凄い迫力でした!








Eisatemma

三線奏者の税田さんとの演奏。
この衣装でアイリッシュも弾きました(笑)。














熊本・凛や ライブ~
宮崎でオフの日を過ごし、熊本に向けて移動を開始したのですが、想像以上に大変な状況が待ち受けていました・・・

宮崎から熊本への移動は高速道路を使うと楽なのですが、新燃岳の降灰がひどい地域を通るルートなので、
安全策をとって一般道の山追えを選んだのですが、これが完全に裏目に出ました。
この冬は例年以上に寒く、宮崎と熊本の県境の山々が想像以上の積雪だったのです。
最初に選んだルートは標高が上がるにつれて雪が増え、ついに峠が越せずに、進めなくなってしまいました。
会場への入り時間を計算しながら、ルート変えて、別の峠を越えるルートを選んだのですが、
これもまさにギリギリの状況でした。
私は常に車移動なので、雪や悪路もそれなりに経験していますが、今回はまさに油断でした。
4駆の車に乗っているので、大抵は大丈夫と決め込んでいたのですが、
最後に選んだ峠も、携帯電話も圏外の状態ですから、何かあれば大事になるところでした。
常にかなり時間的ゆとりをもって移動しているので、今回もなんとか無事に熊本での会場「凛や」さんに
到着することが出来ましたが、やはり油断大敵と改めて痛感しました。

凛やさんは今回で2回目になります。九州内で演奏を出来る場所をいつも色々と紹介してくれる
宮崎の甲斐さんの紹介で、昨年始めてライブをやらせて頂いたのですが、とても良い雰囲気で、
なによりママさんのお人柄が沢山の人を引き寄せる素晴らしいお店です。
往年のベテランミュージシャンも出演していますが、それも納得です。
お店に到着して、大雪の中苦労して辿り着いた話をすると、皆さん暖かく同情をしてくださって、
長時間の緊張感のある運転で身体も硬くなっていましたから、焼酎のお湯割りで身体をほぐしてから演奏しました。
前回にも来てくださった方も、ご来場頂き、楽しいライブをやらせて頂きました。
今回は翌日も移動&ライブが入っていたので、あまり深酒が出来なかったのが残念ですが、
次回はまたママさんやお客さんとゆっくり呑めるのを楽しみにしています!

Rynnya1
ちょっと分かりづらいですが、焼酎のお湯割とビールが両方置いてあります。
こういう雰囲気のライブもなかなか楽しいものです。







Rynnya3
ライブ終了後、CDの叩き売りをしています。
寅さんのようです。







Rinya2
最後まで残ってくださった皆さんと、ママさん、そして
宮崎から駆けつけてくれた甲斐さんと。















諫早・TOLGA cafe ライブ&長崎・諫早観光~
ツアーの最終日、長崎は諫早のTOLGA cafeさんは、大分のf Sound Cafeさん同様、
打田十紀夫さんのツアーのゲストとして出演させて頂いたご縁で、今回のライブをお願いしました。
諫早では、山本さんを中心とする「諫早ライブ実行委員会」さんが強力にライブをサポートして下さいました。
本当に細やかなご配慮を頂き、当日までの準備にも大変なご尽力を頂きました。
おかげさまで、大勢の方にご来場頂いて、ツアーの最終日を盛大に飾ることが出来ました。
オープニングでは東京から長崎に戻ったばかりのボサノバデュオ・rimmer (リマー)さんが
素晴らしい演奏をしてくださって、私もすっかりテンションが上がって、張り切ってステージに上がることが出来ました。
ライブ終了後も、楽しい打ち上げ、そして翌日は観光と、本当に充実した長崎遠征となり沢山の思い出が出来ました。
諫早ライブ実行委員会の山本さん、本田さん、TOLGA cafeさん、rimmer さん、
そしてご来場くださった皆さん、多くの方々のお気持ちに感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました!

Isahaya1
ライブの前に、山本さん、本田さんに
諫早の老舗「福田屋」へうなぎを
食べに連れて行っていただきました。
流石、と言うしかない絶品のうなぎ・・・感激でした。
うなぎパワー全開でライブに臨みました!







Isahayaki
うなぎを頂いたあと、諫早を案内して頂いたのですが、
町を見渡せる丘の上に立っている大きな楠には圧巻でした。
写真には収め切れませんでしたが、
諫早の町を見守っているような雄大さでした。
この丘はかつての城跡で、佐賀藩の名門・龍造寺家の一つ
諫早氏が治めた城だそうです。










Isahaya3
こちらは重要文化財、眼鏡橋です。
長崎市の眼鏡橋が有名ですが、こちらの方が
立派でとても印象にのこりました。
諫早の町は歴史を感じさせるとても落ち着いた雰囲気でした。
訪れた場所について見聞出来るのも遠征の醍醐味の一つです。





Rimar















いよいよライブが始まり、オープニングで演奏して下さったrimmerさん(vocal:河本さん、guitar:山本さん)と
ゲストの村田さん。
落ち着いた中にも情熱を感じさせる、素晴らしいステージでした。

Isahayalive












大勢のお客さんに盛り上げて頂いて、とても楽しく演奏させて頂きました!


Utiage















演奏終了後は、勿論打ち上げで盛り上がりました!!
この時点でかなり酔っ払っていますが、さらにもう一軒ハシゴしましたよ~


この時期、丁度長崎ではランタンフェスティバルが開催されていて、ライブの
翌日は山本さんに長崎市内観光に連れて行って頂きました。

Rantanm














凄い人出です。。驚くほど沢山のランタンが町を飾っていました。
ランタン祭りは中国の春節祭にあわせたものなので中華街を中心にイベントなどが行われて、
大変盛大なものでした。

Kanu















あ!三国志の関羽です!これもランタンなので夕方から光っていました。
こういうオブジェが沢山ありました。中華街なので、美味しいものも売られていて
ついつい買い食いに走ってしまいました。

Nagasaki














グラバー園のある高台から見た長崎の町です。
夕方になってランタンに灯りがともるのを見届けて、最後まで付き合ってくださった
山本さんとの名残を惜しみつつ、長崎を後にしました。

今回のツアーのことを思い返しつつ、大阪へ向かって車を走らせました。
本当に沢山の方々のご協力を頂いて、各地での演奏を終えることが出来ました。
ご来場の皆さん、ご協力頂いた関係者の皆さん、本当にありがとうございました!
またお会いできるのを楽しみにしています!

天満俊秀

« デヴィッド・レイブマン来日ツアー | トップページ | 2月の演奏活動後記 »

ライブ後記」カテゴリの記事