« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

トニー・マクマナス 来日ツアー&高鍋ライブ

このところブログの更新ができていませんでしたので、ライブ後記をまとめて更新させていただきます。



~高鍋・JAZZ SPOT DOLPHY ライブ~


3月27日に宮崎県高鍋町のJAZZ SPOT DOLPHYさんで演奏させて頂きました。
高鍋町は母の育った所ですから、私も子供の頃からとても馴染みがあり、大好きな街です。
祖父母の残した家が町はずれにあり、近年は仕事の無いときは
高鍋で過ごすことが多くなってきました。
今回のライブにも大勢の方が聴きにきて下さいました。
母の幼馴染の方もお出でくださってとても暖かい雰囲気の中、楽しく演奏させて頂きました。

Dl2

DOLPHYさんはJAZZ SPOTなのですが、ジャズだけでなく幅広いジャンルのライブを開催しています。
音楽だけでなく、スコッチウイスキーへのこだわりでも有名なお店なので、
スコットランド民謡を演奏するにはぴったりの雰囲気です。


Dl1_2

弾いているギターはクレシェントムーン

Dlu_2

打ち上げにも大勢の方が残ってくださって、大いに盛り上がりました!
皆さん、ありがとうございました!





トニー・マクマナス Japan Tour 2011 ゲスト出演

4月10日に大阪の5th-Streetさんで開催されたトニー・マクマナス Japan Tour 2011に
ROOTSでゲスト出演させて頂きました。
打田十紀夫さんのTABギタースクールによるトニーの招聘ライブは2回目ですが
今回もトニーのパフォーマンスは、まさに圧巻という感じでした。
流石はジョン・レンボーンに「世界一のケルティックギタリスト」と言わしめた凄腕です。
テクニックは勿論、その音楽性の深さ、またあふれ出るような情熱・・・ギター一台のライブとは
思えないスケールの大きさです。
同じステージで演奏させて頂けたことは、ギター奏者として本当に貴重な機会でした。

5th0

まず打田さんが、開会のご挨拶を兼ねてソロの演奏をされました。
数々の海外のギターリストを日本に招聘し、紹介してこられた打田さんのご苦労は
測り知れませんが、日本でギターを学ぶ私たちにとっては本当に有難いことです。
私自身、打田さんの教本で練習していた学生時代から今日に至るまで、打田さんから
勉強させて頂いたことを思うと、感謝の念に堪えません。

5th1

打田さんのソロコーナーでセッションさせて頂きました。

5th2

そしてROOTSのゲスト演奏をさせて頂きました。ヴァイオリンの平野さんは
この夏、トニーとCDをリリースしているフィドル奏者アラスダーフレイザーがアメリカで主催する
ミュージックキャンプに参加することになっているので、先駆けて
トニーに演奏を聴いてもらう機会を得たのは非常に幸運でした。
気合十分の演奏が出来たと思います。

5th3


トニーのソロステージはあまりに素晴らしく、まさにあっという間に感じました。
美しい旋律、そして情熱、ケルティックミュージックの魅力、そして奥深さを
感じることができて、本当に感動的なステージでした。ギター一台でこんなに
素晴らしいことが出来るのか・・・と同じギター奏者としてもっともっと頑張って
いこう、と心から思える、そういうエネルギーを貰うことができました。

5th4

コンサートの最後に全員でアメージンググレースを演奏しました。


Kyoto

翌日は京都観光にご一緒したのですが、一日ゆっくりとお話させて頂くことができて、
勉強になることが山ほどありました。
今回も本当に多くの貴重な体験をすることが出来ました。
トニー、打田さん、5th-Streetの皆さん、そしてご来場のみなさん、
ありがとうございました!

天満俊秀


写真提供:
TABギタースクール、Wonder Tone

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »