« 5月末から6月にかけての活動報告 | トップページ | 7月8日 広島 Live Juke  »

2011年7月 7日 (木)

6月25日 大阪 谷町空庭ライブ

6月25日は大阪・谷町にある空庭さんで催された、ギターリスト、ぷう吉くんの
プロデュースしているライブシリーズに出演させていただきました。
(この日はデジカメの設定ミスでとんでもないピンボケ写真しか無く・・・すみません。。)
ぷう吉くんはフィンガーピッキングスタイルのギターで、バリエーションの豊かな曲を
演奏するギター奏者ですが、独奏だけでなく、SNCというバンドでも活動しています。

今回のライブイベントは、ぷう吉くんのプロデュースによるとても楽しい企画でした。
まずぷう吉くんが独奏で演奏し、そこにアコーディオンとカホーンが加わり、SNCとしての
ステージが続きました。
ぷう吉くんの、イメージの豊かな、とても叙情的な演奏で、イベント幕開けの
雰囲気がぐぐっと盛り上がります。
そこにSNCのメンバーが加わって、幅が広がりとても楽しいステージになりました。

SNCの演奏の後、ぷう吉くんが招いたスペシャルゲストの登場がありました。
現在日本で活動されていますが、Tommy EmmanuelやMartin Taylorとも共演されるなど
素晴らしいキャリアをお持ちのオーストラリアのギターリスト、Peter Dicksonさんです。

ご自身で制作されたダブルヘッドギターを駆使した、卓越したフラットピッキングによる
スパニッシュの雰囲気溢れるエモーショナルな演奏は素晴らしいものでした。
SNCのカホーン奏者・中ぼんさんとのエキサイティングなセッションもあり、会場は
大いに盛り上がりました。

Peterさんのステージの後、休憩を挟んで私の出番を頂いておりましたので、
イベントの大トリとして気合を入れて臨みました。
この日もアイルランドの曲を中心に演奏しましたので、Peterさんのスパニッシュとの
対比も面白かったのではないでしょうか。

会場はとてもアットホームな場所でしたから、イベント終了後もご来場の皆さんと
和気あいあいとお話させて頂くことが出来て、始終楽しい一日でした。

ご来場の皆様、ありがとうございました!

« 5月末から6月にかけての活動報告 | トップページ | 7月8日 広島 Live Juke  »

ライブ後記」カテゴリの記事