« 延岡 Bar PORT | トップページ | 下関 かなたに園 »

2012年3月28日 (水)

浜名外科医院 vol2

3月17日は兵庫県尼崎の浜名外科医院内DENホールにて
昨年に引き続き2回目の演奏をさせて頂きました。
Hg1
DENホールはとても響きのよい会場なので、私の活動では珍しく、完全に生音での
演奏会になります。生音で演奏できる場合は楽器の個性をそのまま感じて頂けるので、
今回はギターを3台使って演奏しました。上の写真は最も長く使用している
イギリスのギター、Stefan Sobellです。

Hg2
次に出番が回ったのはモーリスの121Uです。このギターは非常に
歯切れの良い軽快さが持ち味なので、ブルース系の曲でよく使用しています。

Hg3
最後に登場したのが、今年から本格的に導入したクレセントムーンです。
黒柿という珍しい木材でできたギターで、独特の雰囲気を持っています。
この日はこのギターが大好評で、アンコールを頂いた時に会場の皆さんに
どのギターで聴きたいかとお尋ねしたところ、圧倒的な支持を集めて
このギターに決まりました。

DENホールは病院内のサロンなので、小さなお子さんから年配の方、
ギターに詳しくない方からマニア(笑)の方まで、本当に様々な方が
聴きに来てくださいます。こじんまりとしたサロンだからこその、みんなで
つくる空気というか雰囲気は、演奏していてもとても楽しいものです。
次回は今年の10月6日に出演いたしますので、是非皆さん、聴きにきてください!

終演後は主催して頂いた濱名先生をはじめ、東京から遠路来て下さった方、
懐かしい面々と近くの居酒屋へ・・・気合の入った写真があったのですが、
残念ながら手ブレしていました。。
最近、このブログで、演奏中の写真よりも打ち上げの写真の方が生き生きして
いるとつっこまれてしまいました。。!だから掲載しない訳ではありませんよ。。。
確かに今回の打ち上げ写真も、ブレていながらもはっきりと分かる自分の
ハッスルっぷりに、ちょっと怖いものを感じてしまったことは事実ですが。。
そんな私に呆れず、いつもお付き合い頂いている皆さん、ありがとうございます。
どうぞ見捨てずに今後とも宜しくお願い致します。。。。

« 延岡 Bar PORT | トップページ | 下関 かなたに園 »

ライブ後記」カテゴリの記事