« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月23日 (水)

Yokoyama Guitar 完成!

このブログでも工房へお邪魔した記事を掲載しましたが、その後
心待ちにしていたギターが素晴らしい仕上がりで
手元に届きました!

Yokoyama  Guitar AN-WTB
Yogcs_2

今までの演奏活動の中で、サウンドや演奏性など、ギターについては色々と
考えてきましたが、
そういった私の要望に、横山さんの豊かなキャリアに基づく
有意義なアドバイスを加えて頂き、今回の仕様を決めさせて頂きました。
材の選定についても、非常に多くの選択肢の中からじっくりと納得のいく
選択をさせて頂くことが出来ました。
結果として、まさに私自身の理想を十分に反映したギターが誕生しました。
サイド&バックのタイムレス・ハカランダとトップのホワイトスプルースの
組み合わせから生み出されるサウンドは、
趣のある深みと、
フィンガーピッキング奏法による表現に重要な明瞭さを持ち合わせています。
特に工房にお邪魔した折に出会ったタイムレス・ハカランダの特徴は気に入って
います。タイムレス・ハカランダという材は、長い年月海底に沈んでいた後に
引き上げられたハカランダなの
です。
私の音楽にとってはハカランダの音色は少し豪華すぎる気がして、今まで避けて
きたのですが、この材は通常のハカランダに比較して少し落ち着いた音がします。
工房で弾かせてもらったタイムレスハカランダのギターに一目(一耳?)惚れして
決めたのですが、期待通りのサウンドになりました。
ケルティックミュージックやブルースなど、ルーツミュージックを中心に演奏する
私にとって
大切な要素をしっかりと備えたこのギターは、今後の演奏活動の大きな
力となってくれそうです。
横山さん、ありがとうございました!
ピックアップの調整などをして6月ごろにはデビューの予定です。
ライブでのサウンドをご期待ください!

Yokoyama Guitars のHPはこちら

2012年5月21日 (月)

ロビーコンサート

地元吹田市の亥の子谷コミュニティーセンターのロビーコンサートに
出演させて頂きました。
このロビーコンサートは毎年ROOTSで出演していまして、すでに回数を重ねて
いますので、今年はちょっと雰囲気を変えて独奏でイギリス・アイルランドの曲に加え、
ブルースなども織り交ぜて演奏しました
Imag0146

私の自宅から車で10分もかからないまさに地元ですので、ギター教室の
生徒さんや、ご近所の方、さらにはうちの親父(笑)が見守る中、
遠方での演奏とは全く違った、地元ならではの雰囲気を満喫しました(笑)。。
市民の方対象なので、普段ギターに関心のない方にも聴いて頂ける機会としても
とても有意義だと思います。
今回は企画担当の方がギターに詳しい方だったこともあり、いつにも増して
暖かくサポートして頂きました。
ご来場のみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました!

2012年5月19日 (土)

ライブ「クレセントムーンの世界」報告!

5月13日にスタジオart pointで開催しました、ライブ
「クレセントムーンの世界」のイベント後記です!

Cm1
ずらりと並んだクレセントムーンギター!壮観です!


前半は私とROOTSの相棒平野さんが出演して、ライブを行いました。
後半はクレセントムーンの制作者・日比伸也さんによる講演だったのですが、
ギターにまつわる非常に興味深いお話に、ご来場の皆さんはギターに詳しい方は
勿論、そうでない方も興味津々で聞いておられました。
Cm4
日比さんによるクレセントムーンの各モデルの紹介。

Cm3
私もお手伝いして実際に一台一台の音色を紹介しました。
今回の目玉「黒柿モデル」は勿論、その他のギターも個性ある
素晴らしいサウンドでした。皆さんの視線は真剣そのものでしたね~
通常のライブとはまた違った緊張感がありました(笑)。

Cm5
もっとも緊張感が高かった瞬間「オーダー受注会」の様子。
この日の人気はやはり黒柿モデルでした。オーダーされた皆さんは
細部にわたって日比さんと打ち合わせをされていました。
いや~完成が楽しみです!
私のよりさらに良い出来だったらちょっとブルーですが・・・
いやいや、それくらいの気持ちで良い楽器が完成することを願ってますよ~(笑)。

Tw5
気合の入った受注会も終えて、みんなで打ち上げ!盛り上がりました~
アコースティックギター三昧のエキサイティングな一日でした。
参加された皆さん、日比さん、お疲れ様でした!

トーンウッドさんのホームページはこちら

2012年5月 2日 (水)

LIVE「クレセントムーンの世界」!

すでにHPなどでは告知していますが、5月13日(日)にスタジオartpointで
クレセントムーンギターの制作家・日比伸也氏をゲストに招いてライブイベントを
開催します。
クレセントムーンギターは打田十紀夫さんの長年の使用で知られる
愛知のギター制作家・日比伸也さんの手によるギターです。
私は以前よりトップ、サイド、バック、すべてスプルースで出来たオールスプルースの
000モデルを使用していて、CD「Blues for...」でも全編に渡って使用しました。
それに加え、新たに制作して頂いた、非常に希少な黒柿を使用したギターがとても
素晴らしく、ライブでも大変好評を頂いています。

今回のイベントは一部は私がクレセントムーンを使用したライブを行い、その
音色をご紹介します。ゲストにROOTSのフィドル奏者・平野有希を招いて
アンサンブルでも演奏します。

二部は日比さんにギター制作にまつわる興味深い様々な話題をお話し頂くことに
なっています。日比さんはギターはもちろん、日本の木工、建築等に関しても大変深い
知識をお持ちなので、意外なトピックスも飛び出すかもしれません。
実はユーモアたっぷりな方なので、きっと面白い講演になりますよ!

イベントの最後には黒柿モデルをはじめ、様々なタイプのクレセントムーンギターを
試奏して頂くことが出来ます。勿論、その場でのオーダーも可能なので、
興味をお持ちの方は是非ご参加ください!
詳細はこちらをご覧ください。

Kurogakih_2
私の愛用している黒柿モデルです。

_10605960011
これは現在制作中の黒柿モデル。イベント当日にご覧頂ける予定です!

ウッディ・マン来日ツアー!大阪公演&クリニック

このところスタジオの引っ越しをしていたもので、大工仕事に追われてすっかり
日が経ってしまいましたが、4月に開催されたウッディ・マン来日ツアーの
大阪公演とクリニックの報告です!

今回の3年半ぶりのウッディの来日ツアーもTABギタースクールによる
招聘・プロデュースによるもので、前回に引き続き大阪公演にROOTSで
出演させて頂きました。
9日の夜、新大阪でウッディ、打田さんご一行をお迎えし、翌日は光栄なことに
art pointのスタジオでクリニックを開催して頂きました。

C1
本当はこの日までに引っ越しを完了して、新しいスタジオにお迎えしたかったのですが
大工仕事も間に合わず(頑張ってノコギリと電動ドリルを振るったのですが。。。)
旧スタジオでの開催となりました。
それにしても、うちの教室でウッディのクリニックを開催できるとは思いませんでした。
アシスタントに打田さんという豪華なクリニックで、とても素晴らしい内容でした。
楽曲のアレンジや、アドリブを発展させるのに非常に有効なアプローチを分かりやすく
レクチャーするウッディの講義はあっという間の2時間でした。

C2
クリニック終了後、受講された皆さんで!
私も、お手伝いをしている振りをしながら、ちゃっかり濃い勉強をさせて
頂きました!つくづくギターの世界は奥が深く、いつまでも勉強だなあ、、と
改めて思います。。。
と、同時に教室を主宰するインストラクターとしても一層良いレッスンが
出来るようにせねば、と身が引き締まりました。
流石は世界のトップギターリストのクリニックでした・・・

翌日11日はウッディ、打田さんご一行と京都観光をご一緒させて頂き、楽しい
一日を過ごしたさらに翌12日、いよいよ大阪公演当日を迎えました。
会場はいつもお世話になってる地元吹田市のメイシアターです。

M0
この日は平日だったにも関わらず大勢のお客様にご来場頂き、高まる熱気の
中、ROOTSはオープニングを務めさせていただきました。
M1
平野さんはこの日色々悩んだ挙句衣装を何パターンか用意してきていたのですが、
控室でウッディに直々に選んで貰って、いつも通り地味な私を後目に一人テンションを
あげていました。。。
ROOTSのステージの最後は打田さんをお迎えして「海を渡る」をセッションしました。
今までROOTSでは勿論、打田さん&天満でも演奏したことのある曲でしたが、
初めて3人で演奏することが出来てとても楽しかったです。

Mu
打田さんのソロステージ。招へい元のボスであり、日本を代表する
フィンガーピッカー、貫禄のステージです。。。

Md
そしてウッディ登場!ギターもヴォーカルも本当に素敵で、超絶テクニックが
思わず自然に感じられてしまいますから、すごいです。。
まさにギター一台とは思えない豊かな演奏で、先だってのクリニックの内容が
音楽の中で生かされていることが実感でき、またまた勉強になりました。

Mud
ウッディと打田さんのデュオ。いやはや円熟したデュエットで、これぞ
名人芸です。。。ああいう楽しくもレベルの高いデュエット、そう聴ける
チャンスはありません・・・若輩な自分には刺激になります。。


M2

その若輩どもを加えて頂いて、最後のセッション!
アメージンググレースをご一緒させて頂きました。
素晴らしい先輩方の胸を借りて、とても楽しく演奏させて頂きました。
ウッディ、打田さんには感謝の気持ちでいっぱいです!

ご来場のみなさん、メイシアターのみなさん、多大なご協力を頂いたワンダートーンの
末次さん、この度もありがとうございました!    (写真提供:ワンダートーン)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »