« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

「ROOTS Live at BACK IN TOWN」報告!

6月23日、ROOTSにとって初となる東京でのワンマンライブを
新宿BACK IN TOWNさんで行わせて頂きました!
勿論ROOTSは今までにも東京へ演奏に行くことはありましたが、完全な
ワンマンライブというのは実は今回が初めてでした。
記念すべきライブを素晴らしい会場で、ゲストには打田十紀夫さんを迎え、
満員のお客さまに恵まれて演奏させて頂き、ROOTSにとって最高の一日となりました!

Bit0Ⓒ深町 直幸
BACK IN TOWNさんにはTABギタースクールさんのイベントで
何度か出演させて頂いていましたがついにワンマンでの出演!
気合が入りました~
私はギター2台を使用しましたが、上の写真はモーリスSC-121U。
透明感のある音色が竪琴の曲によく似合います。

Bit1
Ⓒ深町 直幸
こちらは完成したばかりのヨコヤマギター。
海底に眠っていたハカランダの音色は趣のある深い音色です。
アイリッシュナンバーにはうってつけのギターです。
PAさんの素晴らしい音作りに支えられて、ギターもフィドルもばっちりの
サウンドが客席に届いていたと、大変好評を頂きました。

Bit2Ⓒ深町 直幸
2部には、スペシャルゲストの打田十紀夫さんにご登場頂きました!
打田さんと私のセッションを1曲お届けして、打田さんにステージを
お願いしました。

Bit3Ⓒ深町 直幸
流石、圧巻の存在感です!素晴らしい演奏と楽しいトークが展開されて
お客様も大盛り上がりでした。ライブに勢いをつけて頂いて、
クライマックスに向けてテンションがあがりました!

Bit4Ⓒ深町 直幸
アンコールの最後に「海を渡る」をROOTSと打田さんで!

Bit5Ⓒ深町 直幸
終演直後の出演者と楽器の集合写真です。

Bit6ⒸTABギタースクール
CDや楽譜をお買い上げ下さったみなさんと、色々とお話させて
頂くことができました。暖かい応援のお言葉を沢山頂戴して、うれしい
気持ちで一杯でした。
ご来場のみなさん、BACK IN TOWNのみなさん、打田さん、
多大なご協力を頂いたTABギタースクールさん、ありがとうございました!
みなさんのお気持ちを励みに、一層積極的に東京へも活動を広げて
いきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します!

2012年6月21日 (木)

高鍋DOLPHY そして・・・

6月16日は宮崎県のDOLPHYで演奏させて頂きました。
DOLPHYのある高鍋町へ向かう途中にあじさいの花が
200万本も咲き誇る門川町の岬に立ち寄りました。

梅雨の合間の晴れ間に恵まれて、あじさいと青い宮崎の海の競演を
堪能することが出来ました。
Ma1
いつも食べ物かお酒しか登場しないこのブログには珍しいワンショット(笑)。

Md1
高鍋は私の祖父母の暮らした町で、私にとっても地元と言える
町です。いつもお世話になっている方々や、遠方からのギターファンの方々、
雨で足もとも悪い中大勢の方にご来場頂きまして、暖かい空気の中
楽しく演奏させて頂きました。

Md2
この日は新しく完成したYokoyamaギターのデビューでもありました。
お客様の評価も上々で、良いスタートを切ることができました。
クレセントムーンの黒柿も使用して、変化をつけながらのライブは
最近の定番になりつつあります。
今年は楽器が充実してきて嬉しい限りです。

Md3
終演後はもちろん、打ち上げ!大勢の方が残って下さって、大盛り上がりでした!
本当に楽しいひと時でした。この日は、実は私の誕生日が2日後になっていることに
合わせて、アトリエYUNAの川野さんがケーキを焼いてくれました。(写真奥)
やっぱり嬉しいものですね~
みなさん、有難うございました!

次はいよいよ東京・BACK IN TOWNでのROOTSのワンマンライブです!
打田十紀夫さんをゲストに迎えた豪華なライブ、すでに残席少々ですが、お近くの方は
是非ご来場ください!

2012年6月 5日 (火)

Live 萬屋宗兵衛

5月26日は神戸元町のカフェ萬屋宗兵衛さんで演奏させて頂きました。
昨年の熊谷朋久君とのライブ以来、久々の神戸でしたが、大勢の方にご来場
頂き、とても楽しく演奏させて頂きました。
Sou1

萬屋宗兵衛さんはジャズを中心に幅広いジャンルのミュージシャンが
出演する神戸では有名なお店です。
店内の雰囲気もとても良くて、アイリッシュやブルースなどを演奏していても
良い感じになります。
普段お洒落とは到底言い難い私のキャラクターも、少しは救いがあったのでは(笑)。

Sou2
出来たばかりのYokoyamaギターはこの日は間に合わず、ステファンソベルと
クレセントムーンの黒柿を使い分けて演奏しました。
終演後はご来場くださった方々とお話しすることが出来ましたが、
そういうひと時も演奏に行く大きな楽しみの一つです。
みなさん、萬屋宗兵衛さん、ありがとうございました!

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »