« 和歌山&山口演奏報告 | トップページ | 松浪健太さん »

2014年6月13日 (金)

梅雨真っ只中ですね・・・

 いやはやブログを随分放置してしまいました。
智恵子(ご存じウチの妻です)がフェイスブックのページを作ってくれて
からというもの、ただでさえパソコン無精な私は、そっちに任せきりになって
しまったのですが、先日のライブでご来場くださったお客様が「ブログの更新を
待ってるんですよ~」と言ってくださって、思いを改めました()

今はこんな私ですが、ウインドウズもまだ影も形もなかった頃に、マシン語を
せっせと打ち込んでパソコンで遊んでいましたから、当時としては先端をいって
いたはずなんですけど・・・いつのころからか急激に興味を失ってしまって、
もはや最後尾、というかリタイヤ気味です。

スマートフォンも持っていたのですが、満載な機能を使いこなさない私にとって
は、なにか不気味な動きをする使いにくい電話でしかないように思えて、
折りたためる電話に変えてしまいました。

このご時世になにかネガティブな感じ満開で大変に申し訳ないのですが、そのぶん
ギターや三味線の練習に時間をとって、ライブのときに沢山しゃべりたい()
と思っておりますので、今後ともどうぞ見捨てずにいてやってください。

さて、5月25日は山口県下関の「かなたに園」さんで演奏させて頂きました。
かなたに園さんはお茶屋さんなのですが、ご主人と奥様がとっても素敵な
Green Teas
というフォークデュオをなさっていて、お店の奥にある
ライブスペースで隔月のライブを開催されています。
私は3回目の登場だったのですが、今回はGreen Teasに地元で活躍する
ギター奏者
Shingoさんを加えて前半を盛り上げて頂いて、
私と智恵子が後半に演奏させて
頂きました。

Imgp2357ss_2
Green Teas with Shingo

Imgp2371ss_3Imgp2361ss_3
天満智恵子(フィドル)&天満俊秀(ギター)
 
今回は1時間ちょっとの短いステージの中で色々なことをやらせて頂きました。
ギター独奏はもちろんですが、フィドル(ヴァイオリン)とギターでの
アイルランドのダンス曲、ブルースもあり、三味線と胡弓による日本民謡まで
やりましたので、かなりバラエティーに富んだものになりましたが、想像以上に
ご好評を頂いて、私もとても嬉しく思いました。

 

Imgp2383ss_2
天満智恵子(胡弓)&天満俊秀(三味線・変な顔)
 
私の三味線は、すでに聴いて頂く機会も増えてきておりますが、今回は
智恵子の胡弓が特に目新しく聴いて頂けたのではないかと思います。
彼女はアイリッシュフィドルを長い間やっているのですが、日本のフィドルとも
言える胡弓と出会ってからは、これもまた熱心に勉強しています。
アイリッシュは本国アイルランドの片田舎まで習いにいきましたし、胡弓は
大阪から富山まで習いにいくという彼女のマニアックぶりと、私の民謡好きが
この先、どこまで行ってしまうのか・・・()
 
思えばブルースに興味を持ってからアイルランド、日本民謡と、この20年で
民謡好きが高じてライブのスタイルも随分変わってきました。これからも
勉強を重ねて、面白い民謡の世界をご紹介させて頂きたいと思っておりますので
呆れずに()、お付き合いのほどよろしくお願い致します。

しかし「()」というのも、なにか時代遅れ過ぎて、不自然に見えますねえ。。
と、そういうことを気にすると、またブログが億劫になってしまいます。
ご容赦ください()
 
さて、次のトピックスです。
6月7日に、大阪豊中市で開かれた弁論大会のためのチャリティーコンサートに
ROOTSで出演させて頂きました。このコンサートの収益は、日本語を勉強して
いる海外の学生たちの弁論大会の運営に使われます。
Roc_2
この日は折角、平野さんが気合いの入ったドレスを着ていたのに
うっかりしていて小さな写真しかありません。。

弁論大会の為のチャリティーコンサートということで、英文学や言語学を
専門にされている先生方もご来場くださって、終演後は楽しくお話しさせて
頂きました。
インターネットの普及などで、まさに情報化、グローバル化の時代ですから
語学はもちろん、音楽など文化への理解を深めることも大切ですね。

私たちも一層勉強をして、貢献できることは積極的に取り組んでいきたいと
改めて感じた一日でした。

それでは!

« 和歌山&山口演奏報告 | トップページ | 松浪健太さん »

ライブ後記」カテゴリの記事