« 今年も宜しくお願い致します! | トップページ | 梅は咲いたか »

2015年1月26日 (月)

昼は農作業、音楽、夜は黒千代香

前回の記事で久しぶりの更新となったこのブログですが、音楽に関連した話題に限らず
日々の些細なことなども取り上げて、もう少し更新の頻度を上げていきたいと思います。
最近は農業修行を中心に行動範囲が広がっていますからネタは多いはずです。
たぶん。。
年が明けたと思ったら、もう一月も終わりに差し掛かっています。本当に早いものですね。
今月はビニールハウスにスイートコーンを播種しましたが、それもすでに発芽して、続いて
露地栽培のスイートコーンを播種します。4月末~5月上旬の収穫になる予定ですが、
なんだかそれもあっという間にやってきそうだなあ。。

今月は高鍋町のロータリークラブの新年会にて演奏させて頂きました。
会場は高鍋町のホテルだったのですが、そこは私が小学生の頃、祖父母とよく食事に
来ていた想い出のあるホテルだったのでとても懐かしく、30年経って演奏に来る日が
あるとは、移住して半年、改めて感慨深いものがありました。
Tl1
前半はギターとフィドルでアイルランド民謡を演奏しました。

Tl2
後半は三味線と胡弓で日本民謡を聴いて頂きました。
最近はこの和洋折衷スタイルが定着しつつありますが、これが演奏していて、
なかなか楽しいのです。当初はまとまりがつかないのではないかと心配していた
部分もあるのですが、やってみると意外と自然な流れができてきました。
実は、隠しているネタ(?)がまだありまして、調子に乗ってそれもやれる機会を
虎視眈々と狙っていたりします。
今月はもう一か所演奏に行ったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。
そちらではギターとフィドルで、アイルランド、スコットランドに焦点をあてた内容で
演奏させていただきました。
久しぶりにダンスチューンをハイテンションで演奏してとても楽しかったです。

日々の農業修行に週末の演奏会、年明け早々なかなかハードな日々を送って
いるのですが、このところ毎晩の晩酌がとても充実していて、大変に癒されています。
ちょっとその話題を・・・

鹿児島の薩摩焼のものが有名だそうですが、黒千代香(くろじょか)という酒器が
ありまして、その宮崎バージョンが導入されたことで、うちの晩酌が一変しました。
Joka

上の写真の炉の上に乗っているのが黒千代香です。
奥の瓶に水割りした焼酎を一昼夜以上寝かすと、とてもまろやかな風味に
なるのですが、それを黒千代香で炉にかけ、弱い火でとろとろ温めて、ちょこで
頂きます。これが本当に旨いのです。

宮崎県の都城市は薩摩の文化が色濃くあって、この黒千代香が伝わっている
そうです。我が家の黒千代香は都城の友人から頂いたものです。
その友人に黒千代香で焼酎を飲ませてもらった折に、激賞したのですが、それが
幸い(催促?)となって、都城から一揃え持ってきてくれました。
うちは来客が多いのでと、ちょこの追加までつけて・・・感謝!

薩摩のものに比べると、都城焼の黒千代香は色が少し茶色によるそうですが、
それがとても暖かい風合いで、眺めているだけで和みます。

宮崎では晩酌の焼酎のことを「だれやめ」と言います。
だれる=疲れる やむ=とめる ということで疲れを癒すという意味ですね。

黒千代香のおかげで、だれやめの効果が倍増しました。
明日も元気に、畑に音楽に、励みます!

« 今年も宜しくお願い致します! | トップページ | 梅は咲いたか »

音楽と農業」カテゴリの記事