« 産地直送!新鮮野菜市 | トップページ | 1月2月の演奏活動やら農作業やら・・・ »

2016年1月29日 (金)

謡楽舎のCDが完成しました!

今年もはや1月が終わろうとしていますね。
昨年末は甘藷(さつまいも)の収穫が12月中旬に終わってから、
圃場全体の片づけを終えて年末年始は大阪に滞在していました。
実家には姉の家族も帰省していましたので、にぎやかな正月を迎えることが出来ましたが
私と智恵子は前々から考えていたCDのレコーディングに取り組んでいまして
元旦の午前中に一族でおせち料理を囲んだくらいで、初詣にも行けずじまいでした。
一昨年の農業研修からゆっくりできる時期がほとんどないままでしたので、
年末年始くらいはゆっくりと過ごしたかったのですが、
また春先から農作業が本格的に始動するとまとまった時間がとれませんので、
意を決して休み返上で頑張りました。

私自身としては前回の録音から4年ぶりになりますので、ずいぶん間が空いてしまいました。
農業に取り組もうと決めてから、移住の準備、研修、開業と、振り返れば多忙な数年間で
したが、
その間も私たちの住む集落を中心に地域での演奏活動が思ったよりも充実して
いたと感じています。
移住する前は、ギター奏者として国内、ときにはイギリスやアイルランドなど広い範囲で
演奏させて頂きましたが、今は農業に取り組みながら、地域で演奏をしていると
とうぜん生活に根差した活動になり、まったく異なったやりがいを感じることが多いのです。
私たち夫婦が移住した高鍋町のみなさんは、本当に暖かく迎え入れてくれまして、
私たちが農業を始めるための、農地探しや、農機具の準備など、地域の方々の協力がなければ解決できないことばかりでした。
畑でもいっしょに作業をしながら様々なことを教えてくださって、
なんとか私たちも農家として自立していけるように感じています。
そんな生活のなかで、想像以上に音楽も役に立てる場が多くあることが分かり、
それも私たちにとって嬉しいことでした。
町の催し事が、人のつながりの強いぶん、暖かい賑わいを感じることができるのですが、
そのなかでギターやフィドル、三味線や胡弓で農業の失敗談などを交えて演奏すると、
本当に楽しく盛り上がります。
アイルランドのパブでの地元の人々の演奏や盛り上がりにも同質のものを感じていたの
ですが、
そこでは私は異邦人ですから、ただ羨ましく感じると同時に、大げさに言えば
自分の演奏する民謡にむなしさを感じ始めることにも繋がりました。
ギターを通じて民謡を紹介していくことに感じていたやりがいも、
少し自信が無くなってきた時期がありました。

宮崎に10年ほど毎月のように通い、移住してから2年目になりますが、
やはり思い切って良かったと今、つくづく思います。
研修に入ってからは農業に明け暮れていましたから
さすがにギターでの作品づくりには時間が取れませんでしたが、
農業と地域での演奏活動からは、多くのことを学ぶことができたように思います。

ギターを通じて民謡を紹介することをテーマとして活動してきましたが、
それがある部分で行き詰ったのち、この4年間の変遷で、
また音楽が自分のなかで生き生きと流れ始めたように感じています。

今後は農業を営みながら、地域に根差した自分たちなりの民謡を演奏し、
それをまた農閑期にはご紹介してまわれるような演奏活動をしていきたいと考えています。
今回のCDは、選曲や演奏はもちろんですが、
ジャケットの内容にも、そんな思いを込めて作りました。
是非聴いてみてください!


Yorakusha1_2

http://homepage2.nifty.com/temma/topics12.html

« 産地直送!新鮮野菜市 | トップページ | 1月2月の演奏活動やら農作業やら・・・ »

ニュース」カテゴリの記事